美容オイル愛用者レビュー

MENU

注目を集めたNo.1美容オイルは?

ハーバー・スクワQ10

 

かなりひどい乾燥肌なのでオイルはお手入れの度に欠かさず使用しています。ハーバーをライン使いしているので、クレンジング後にブースター美容液、化粧水の重ねづけをしてからスクワQ10を2滴、乾燥の気になる季節は3滴、水分の残る肌にのせて掌でしっかり密着させるようにしています。

 

とにかく肌の乾燥が激しいので、使用してべたべたしたりテカったりということは感じません。むしろ少し物足りないと思う時もあるのですが、あまり油分を補いすぎるのも良くないと聞いているので、我慢してさらに重ねないようにしています。においも私にはほぼ無臭で特に問題がなく、使用感に関してマイナス点と言われると難しいです。あえていうなら価格が高い点だけが少し気になる程度です。

 

若い頃から肌の乾燥は気になっており、様々な基礎化粧品を使ってきました。でも30代半ばごろから、リッチな乳液や美容液、クリームなどを使用しても思ったように肌が潤わなくなってきたので、油分を補うと言えばオイルだろうと思い、いろいろなメーカーのオイルのサンプルを取り寄せて試してみたのがきっかけです。

 

ひどく乾燥してかさかさです。夏場でも化粧水だけでは、あっという間に肌がつっぱってきてしまうほどの乾燥肌です。スクワQ10はしっかり潤いを閉じ込めてくれるようで、夜使うと朝まで、よほど部屋の空気が乾燥していない限りツッパリ感はありません。

 

お手入れの最後にリッチなクリームや美容液を使うと、保湿の面でも今一つな上、かなりテカって見える感じがあり気に入りませんでした。

 

その点オイルは潤いの面でも満足できるし、テカり感もほどほどで「色つやいいね」と言われるようになったのが嬉しいです。乾燥して頬に目立っていた細かい縦ジワも、いつの間にかあまりわからなくなりました。時々粉をふいていた目元や口元も、オイルを使いだしてからはそういったことがなくなっています。

 

オイル保湿の効果について

 

よく勘違いされますが、オイル保湿で直接的な保湿効果はありません。

 

なので、オイルケアをして効果が出る人と出ない人が結構分かれます。

 

参照:美容オイルと乾燥肌改善

 

オイル保湿の効果が出る人は、単純に皮脂不足、皮脂の分泌に偏りがある人です。特に女性ですね。

 

このような人は皮脂膜が少なくて刺激に弱い肌となり、刺激により乾燥が進んでいるため、その刺激緩和剤としてオイル保湿をすることでよりよい肌環境になります。

 

逆に皮脂不足だけじゃない場合は、オイル保湿しても効果がいまいちということに。

 

これは実際に試してみないと判断が付きにくいのです。

 

オイルがかなり重要なのは実は頭皮!

 

オイル美容は顔、次に体で人気ですが、オイルの必要性とバランスを言うとかなり重要なのは頭皮です。

 

頭皮の乾燥肌に悩む人も結構多く、実は女性に多いのは知っているでしょうか?

 

これはしっかりと頭を洗いすぎる、シャンプーの洗浄力が強すぎるために起きます。

 

参照:頭皮が臭い理由

 

その結果頭皮の皮脂が不足して肌が刺激に弱くなり乾燥。それを治すために皮脂腺が活発化して皮脂が過剰に。それが通気性の悪い頭皮に影響されて雑菌がわき悪臭が発生してしまうのです。

 

顔は通気性が高いので悪臭とまでいきませんが、頭皮は髪の毛が多いのでこのような臭いトラブルに発展。

 

オイルは肌にいい。

 

というのは間違いないのですが、多すぎてもダメな理由が分かりますよね。